塗装で本当に大丈夫?

外壁塗装?
サイディング張替え?

腐食が進んだ壁の内部

外壁の汚れ、軽度のヒビは外壁塗装で十分カバーできます。しかし、問題は壁の内部がどうなっているかです。
一般的な窯業サイディングの壁の場合は、内部に断熱材などが入っていますが、雨漏りや白アリの被害によって、内部の腐食が進行しているケースもあります。
基本は打音検査をして、内部状態を確認し、問題なければ塗装で良いかと思いますが、築20年以上が経過している場合は塗装と張り替えの双方を検討していただいたほうがいい場合もあります。
張り替えは、塗装よりはコストがかかりますが、家に長くお住まいになられるのであれば、慎重に選びたいところです。

工事内容 目安費用 メリット デメリット
サイディング張替 既存の壁を解体撤去し、新しくサイディングを張る方法(新規コーキング充填を含む) 180~250万円 ・外壁が新しくなるため、耐久性が長い(30~40年)
・外壁の軽量化ができるため、耐震性が増す
・最も費用が掛かる。
・長期的に見れば安い場合もある。
サイディングのカバー工法 既存の壁の上に、新規木下地や外壁下地とサイディングを張る方法(新規コーキング充填を含む) 150~200万円 ・外壁が新しくなるため、耐久性が長い(30~40年)
・壁が2重になり、遮音性、断熱性が増す
・外壁が多少重くなるため、耐震性は▲
外壁塗装 既存の壁に塗装します。(コーキング打ち直し含む) 70~120万円 ・短期的に見れば、最も低コスト ・10~15年ごとに、塗装が必要となるため、長期的に見るとコスト高となる場合も

外壁サイディング材の比較

窯業系サイディング

窯業系サイディング

低コストでデザイン性が豊富なため、現在の新築住宅の約7割は、この窯業系サイディングです。
●メリット・・・金属系サイディングと比較すると、コストは低めです。デザイン性にも優れています。
▲デメリット・・・コーキングや塗装などの定期的なメンテナンスが必要です。

金属系サイディング

金属系サイディング

軽量でメリットも多い金属系サイディングですが、デメリットもしっかり把握しましょう。
●メリット・・・遮音性防水性も高く、軽量なため、耐震性も高くなるなどのメリットがあります。
▲デメリット・・・窯業系サイディングと比較すると、費用は高くなります。メンテナンスは比較的容易です。

おススメのサイディング材

アイジー工業アイジーサイディング

ガルバリウムの質感を活かしたシックでモダンな物から、タイル調・木目調のナチュラルな物まで、幅広いデザインのラインナップが魅力です。防火性に優れており、断熱材も施されています。また、耐候性・耐久性に優れた遮熱性フッ素の樹脂塗装を施した製品もあります。

ケイミューはる・一番

金属特有の質感を活かしつつ、鋭いエッジや深い造形などによって豊かな表情を造り上げます。本体芯材には、断熱性の高い硬質イソシアヌレートフォームが使用されており、また壁体内の結露発生を防止する通気構法が採用されています。

ALC、モルタル、
ジョリパッドなども対応

ALC、モルタル、ジョリパッドなども対応

外壁には、サイディングのほかに、ALC(軽量パワーボード)、モルタル、ジョリパッド、コンクリートなど、様々な種類があります。
外壁材により、メンテナンス方法は異なります。例えば、ジョリパッドは基本は塗装が不要で、洗浄のみでOKですが、塗装する場合は、ジョリパッド専用の塗料を使う必要があります。また、特にALCの場合は、しっかりメンテナンスしないとヒビ割れが雨漏りの原因となります。

ご自宅の壁はどんな壁?

塗装できない屋根や壁もあります

屋根や壁の状態、材質によっては、塗装してはいけないケースもあります。
なんでも塗装すれば⼤丈夫、というわけではありません。塗装できない屋根や壁もあります。

全てはお客様の笑顔のために!

葛飾、足立、江戸川のお客様の声