雨どいの修理・交換には、ご加入中の火災保険が使えます!
実は良くない・・

「雨どい」の放置は
危険です

「雨どい」を放置すると危険です

屋根の雨水を集め、排水させる役割を果たす雨どい。これは、壁を雨水から守る大切な役割をしています。雨どいがないと、

  •  雨水が外壁を直接流れるため、家の劣化を早める。
  •  軒先から落下する雨音が大きくなる。

など、いいことは一つもありません。
さらに、外れなどがあると、台風の際に飛ばされたり、落下した日には、通行人にけがを与える可能性もあります。

雨どいのはずれ
雨どいのはずれ
雨水が漏れる
雨水が漏れる
雨どいの割れ・ゆがみ
雨どいの割れ・ゆがみ

どれか一つでも当てはまったら、要注意です。

例えば、こんなケース

例えば、こんなケース

  • 雨樋を固定しているねじや金具が一部外れているだけ
  • 雨樋がゴミなどで詰まっているだけ

このような症状であれば、割合簡単に修理ができます。もちろんご自身でもできますが、はしごを用意したり、工具、金具を用意したりされる場合は、業者に依頼したほうが、危険も無く、早く、きれいに終わります。

例えば、こんなケース

例えば、こんなケース

  • 金具が何か所もはずれて落ちそう
  • 雨樋の隙間から水が漏れる、雨樋が割れている

上記のような症状の場合は、部分補修で直る場合もありますし、全交換したほうが良い場合もあります。雨樋を新設するときは、雨水を流すほうに傾斜をつける必要があるため、ご自身でやるのはかなりの技術を要します。また、金具取付部分が劣化していれば、取り付け箇所の見極めも必要になります。

雨どい修理の費用について
状態費用
綱手が外れている場合5,000円~
部分破損、部分補修の場合10,000円~
傾斜不良、金具が曲がっている場合10,000円~
ゴミ詰まりの除去の場合5,000円~
全交換の場合100,000円~

基本的には現地にてお見積りしないと正確な金額は難しいため、金額目安としてお考え下さい。
ただ、全交換の場合は、雨水を流すほうに傾斜をつける必要があるため、足場を設置して行うことが通常です。

材質単価/㎡~
塩化ビニール製1,500円
合成樹脂製2,500円
ガルバリウム製5,000円
銅製12,000円

雨樋交換の場合は、材質によって価格が異なります。塩ビ製は、価格は安いですが、耐久性が劣るため。合成樹脂製以上をお勧めしています。

  • 雨どいの修理・交換には
    ご加入中の火災保険が使えます!

    雨どいの修理・交換にはご加入中の火災保険が使えます!

    年々ご利用者が増えている、火災保険を使ったリフォーム。「火災保険って、火事だけじゃないの??」とおっしゃる方も少なくありませんが、実は、火災保険には、様々な保証がついております。
    特に雨どいの破損は、火災保険で認定される確率が高く、当社ではご希望の方には、詳細をご案内しております。
    お見積りや無料診断の際に、保険証券をご用意いただければ、お調べすることもできます。
    ※ 保険の契約内容により、必ずしも、すべての方が当てはまるわけではありません。

全てはお客様の笑顔のために!

葛飾、足立、江戸川のお客様の声