屋根カバー工事ならお任せください!葛飾、足立、江戸川の地域密着店!
既存の屋根材を重ねて施工

屋根カバー工法とは?

屋根カバー工事は、既存の屋根材の上に重ねて屋根を施工する方法で、重ね葺き工事ともいわれています。
屋根カバー工法はすべての屋根に施工できるわけではなく、瓦屋根などの場合はカバー工法ではなく、屋根葺き替えとなります。
屋根カバー工法は、屋根塗装よりもコストはかかりますが、耐久性が高く、屋根葺き替えより低コストでできるため、近年人気が出ている工事方法です。

カバー工法ができる屋根と
できない屋根

スレート(コロニアル)

スレート(コロニアル)

スレート屋根にガルバリウム鋼板を重ね葺きする工事が最も多くご依頼頂きます。

アスファルトシングル

アスファルトシングル

こちらもガルバリウム鋼板ほかに、アスファルトシングルでカバーでもできます。

トタンなど金属屋根

トタンなど金属屋根

カバー工法は可能ですが、屋根そのものの劣化が進んでいるとおススメできません。

瓦屋根

瓦屋根

カバー工法そのものができません。基本的には葺き替え工事のご提案となります。

屋根葺き替え と カバー工法
の違い

 屋根葺き替えカバー工法
耐久性〇 高い
(耐用年数は屋根材による)
〇 高い
(野地板などに腐食があると要葺き替え) 
耐震性〇 高い
(金属屋根だと軽くできる)

(既存の屋根に被せるので重くなる)
遮音・断熱△ 屋根材による〇 高い
(屋根が2重になるため)
廃材処分必要不要
工期〇 長い△ 短い
費用△ 高め
(カバー工法の1.2~1.5倍)
〇 安い

屋根の劣化が進んでいるときは葺き替えをおススメしています

屋根の劣化が進んでいるときは葺き替えをおススメしています

屋根の野地板など、下地部分が劣化してた場合や、そこの補修がまず必要です。
また、劣化が進んでいると、新しい屋根材を固定する釘やねじが効かないケースもあります。安易にカバー工法を勧める業者にはご注意ください。

「貫板」と「ねじ釘」にまで
こだわります!

貫板

よく屋根の点検をすると、棟板金を固定する釘の浮きや抜けをよく見かけます。
いくら新しい屋根材を張っても固定する貫板、ビスが浮いてしまうと、強風で飛ばされたり、再施工が必要になります。

ねじ釘

貫板やねじ釘にもこだわります。
貫板は、耐久性に優れた樹脂製の貫板で、釘などの抜けがなくなります。さらに、ねじもスクリュービス(SUSビス)を使い、災害にも劣化にも強い屋根工事を提供しております。

屋根カバー工法の
費用について

ガルバリウム鋼板への葺き替え

屋根材本体とその施工費用5,500~7,500円/㎡
下地工事(増し張り)※12,000~3,500円/㎡
防水シート(ルーフィング)500~1,000円/㎡
役物工事(部位別)※21,000~4,000円/m
棟鈑金3,500円~5,000円/m
合計(消費税別)7,000円~12,000円/㎡位

※1 下地工事(増し張り)が不要の工事もございます。詳しくはお問い合わせ下さい。
※2 軒先水切り、棟包み、ケラバ、雨押え、壁捨て板など屋根の形状や内容により異なります。

屋根材ごとのメーカー保証期間

商品メーカー穴あき保証備考
スーパーガルテクトアイジー工業25年超高耐久ガルバ
スーパーガルテクトフッ素アイジー工業25年超高耐久ガルバ
横暖ルーフαニチハ25年超高耐久ガルバ
横暖ルーフαプレミアムニチハ25年超高耐久ガルバ
スマートメタルケイミュー25年超高耐久ガルバ
エコグラーニディートレーディング30年天然石粒付き仕上げ
Tルーフリクシル30年天然石粒付き仕上げ
スカイメタルルーフ伊藤忠建材50年天然石粒付き仕上げ ※1
ロフティ田島ルーフィング10年防水保証

※1 31年目から保障負担率が低減

築10年過ぎたら、一度点検をお勧めしています。

一棟一棟、状況によって費用は異なりますので、詳細についてはお見積り致します。
屋根外壁0円点検・無料見積りをご利用下さい。

全てはお客様の笑顔のために!

葛飾、足立、江戸川のお客様の声